初めてママの母乳育児術

看護士・助産師たちの最強タッグで現場の声を元に情報提供!ママ目線の母乳育児お役立ちサイト。

*

母乳とミルクで差がでます!赤ちゃんのうんちの違い

   

  赤ちゃんのおっぱいの飲みっぷり…とっても気になりますが、実はママ達がこっそり気にしているのはその後、赤ちゃんから出てくる“うんち”のことです。「おっぱい出てる?足りてる?」なんて会話はママ友の間であれば気軽にできるのに、なぜか「うんちどんな感じ?」という話がなかなかできなかったりします。赤ちゃんのうんちは多種多様です。月齢によっての違いもありますし、母乳栄養か、人工栄養か…はたまた混合栄養かでもうんちに違いがでてきます。そんな、人には聞きにくい“うんちの違い”について、知っておきましょう!

■月齢によるうんちの変化

 
 色や形、回数に至るまで毎日変わっていく赤ちゃんのうんち事情。月齢によってどんどん変わっていきますから、どんな変化が正常で、どんな状態だと要注意なのかを知っておいたら安心ですよね。皆さんが一番驚いてしまうのが、生まれてすぐのうんちです。生まれて最初にするうんちで、黒いような緑色のような不思議な色をしていますから、産後初めて見る赤ちゃんのうんちがそんな色だとパパもママもびっくりしてしまいますよね。あれは、胎便と言われるもので、赤ちゃんがまだママのお腹にいたときに腸にたまっていたうんちです。羊水を飲んで、消化吸収の練習をしていたうんちで、黒緑色をしているのが正常ですので心配は要りません。赤ちゃんは3か月経つと、みずっぽいうんちからどろどろ状になり、回数も落ち着いてくるといわれていますからはじめは水のようなうんちでも「下痢かも…」と心配をしなくて大丈夫ですよ。

■栄養源によって、変わるうんちの色・形! 

 
 母乳のみの栄養で育てられている赤ちゃんのうんちというのは、びっくりするほど黄色いです。特有の酸っぱいニオイがします。水っぽくゆるめで、回数も授乳の度にする子もいるくらい頻繁にうんちをします。人工乳で育てられた赤ちゃんのうんちは、母乳栄養のうんちよりも水っぽさが無く、色も黄色というよりは茶色がかっていることが多いです。混合栄養のうんちは母乳と人工乳の割合によって、黄色がかっていたり、茶色がかっていたり変化します。

■よく見るあの“ツブツブ”って、一体何でしょうか?

 おっぱいや人工乳しか飲んでいない赤ちゃんのうんちに、なぜか白いツブツブが混ざっていることがあると思います。これは、母乳や粉ミルクに含まれる脂肪やカルシウムがうんちに混じって出てきたものですから、心配は要りません。

 - 母乳育児の基礎知識

これは!と思ったらシェアして頂けると嬉しいです♪

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

  関連記事

no image
”初乳”が赤ちゃんにとって最高な理由とは…?

  出産、それは長いようで短い我が子の育児のはじまり。そして母乳育児のスタートラ …

no image
乳頭にトラブルを抱えてもあきらめない!カップでの授乳法

 我が子をおっぱいで育てたい!そう思っているママだって、乳首のトラブルをかかえて …

no image
出なくても始める”母乳育児”。混合栄養のススメ

  わたしはどうせ、母乳がでないから…。そう思って、母乳育児を泣く泣くあきらめた …

no image
母乳育児に欠かせない”搾乳”。するタイミングと、そのやり方

 おっぱいで赤ちゃんを育てるにあたって、身につけておかなければならない“搾乳”の …

no image
授乳時の赤ちゃんの正しい抱き方、出来ていますか?

  経産婦さんであれば、あたりまえのように赤ちゃんを抱っこできると思いますが、初 …

no image
おっぱい後の”ゲップ”を上手に出してあげるコツ

 どんなに上手におっぱいを飲んでくれる赤ちゃんにも、授乳後は必ず行ってあげるのが …

no image
授乳後の”ゲップ”、なぜ必要なのでしょうか。

 毎日の授乳、何度も何度も赤ちゃんが泣くたび与えていると、いったい一日に合計して …

no image
自分に合うものを見つけよう!色々な授乳時の抱き方

  授乳時の体勢を気にするといえば、赤ちゃんの姿勢だと思いますよね。確かに赤ちゃ …

no image
母乳育児のスタート…おっぱいの飲ませ方、ご存知ですか?

 自分の子供をおっぱいで育てよう!と思った皆さん、具体的におっぱいをどう飲ませた …