初めてママの母乳育児術

看護士・助産師たちの最強タッグで現場の声を元に情報提供!ママ目線の母乳育児お役立ちサイト。

*

そもそも、おっぱいはどうやったら出るようになるのか…気になる”母乳の出るしくみ”

   

世間では「赤ちゃんを産み、そして育てるには母乳がイチバン!」と言われていますよね。母乳育児、可能ならば事情が許す限り粉ミルクに頼らずに完全母乳で育てたいものです。ではそもそも、母乳ってどうやったら出るようになるのでしょうか。「女性だから、おっぱいはでる!」なんて思ったところで、普通に生活していては母乳なんて一向に出てきません。母乳がどうやったら分泌されるのか、知っておくことが母乳育児の第一歩と考えて良いでしょう。

 

出産前の“おっぱいマッサージ”、効果は人それぞれです。

赤ちゃんが出来たら、妊娠中の生活について一通り勉強する機会があると思います。育児書を買って読んでみたり、自分の親に話を聞いたり、友人知人に相談したり…それぞれ未知なる出産に向け知識をたくわえますよね。妊娠も後期にさしかかった頃、妊婦健診でよく言われるのが「そろそろ、おっぱいマッサージを開始してみましょうね」という一言。妊娠中におっぱいに刺激を与えるとお腹の張りに繋がったりもするので、様子を見ながらですが…真面目にやっていると、出産前にも関わらず、手でしぼると母乳が少し出てくる人もいるのです。もちろん皆が出るわけでは無く、経産婦さんに多いようです。

 

まず、本格的な分泌は赤ちゃんが生まれてから!

本格的に母乳がつくられるのは、赤ちゃんが生まれてからです。赤ちゃんが生まれると同時に子宮内の胎盤が無くなります。そうすると本格的な乳汁分泌、いわゆるおっぱいが作られはじめるのです。そして、赤ちゃんがおっぱいを吸うことによって乳頭に刺激が加えられ、更におっぱいの生成そして分泌を促してくれるのです。最初からおっぱいがたっぷり出る人なんていませんし、赤ちゃんだって産まれた直後から急にゴクゴクおっぱいを大量に飲むわけではありませんから、慌てず落ち着いて、泣いて欲しがるたびにおっぱいを吸ってもらうことから始めましょう。

 

おっぱいには、準備期間があるのです!

出産の痛みに耐えて今度は母乳を出すべく努力…世のママは皆本当に努力家。でも、出産後2日から3日に関しては、あまり必死になったとしてもおっぱいが出ない場合が多いです。赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらってすぐ母乳が作られる!…というわけにはいかず、たくさんのママ達は大体4日目くらいから母乳が順調に出始めているのが現状です。おっぱいにも準備期間があるのですから、すぐにおっぱいが出ないからといって不安になることはありませんよ。

 - お悩み解消コラム

これは!と思ったらシェアして頂けると嬉しいです♪

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

  関連記事

no image
仕事をしていても出来ます!母乳育児を諦めないために

 今や共働き世帯も多く、女性も働き続ける時代。いつかは必ず親から離れて行ってしま …

no image
片方のおっぱいばかりを吸う赤ちゃんへの対処法

 おっぱい育児のトラブルといえば、赤ちゃんがちゃんとおっぱいを吸ってくれないこと …

no image
授乳時の乳首の”カミカミ”をどうにかしたい!

 我が子との愛おしい授乳タイム。いつまでおっぱいを吸うかわいいお顔を間近で見てい …

no image
赤ちゃんがおっぱいを吸ってくれない、そんな時は…

 母乳育児を頑張ろうと思っているママ達の最大の悩みは、“赤ちゃんがおっぱいを十分 …

no image
完全母乳でも”哺乳瓶に慣らせること”は必要なのでしょうか

 母乳育児でよかった、と思うことと言えば、授乳の度に調乳する必要がないことや、哺 …

no image
母乳育児にあたってあると便利な3つの育児グッズ、教えます!

 初めて行うものというのは、やってみなければわからないことだらけです。育児だって …

no image
友人知人、親類からの”完母”へのプレッシャー対処法

 “完全母乳”…聞くと、それが最高の褒め言葉であることをなんとなく感じますよね。 …

no image
授乳間隔が短い方へ…家事より睡眠を優先すべき理由

 毎日、母乳育児で頑張っているママさん、本当にお疲れさまです。これから母乳育児に …

no image
欲しがるだけ母乳を与えると、赤ちゃんは太ってしまうのか

 「うちの子、大きめなの…」大は小を兼ねる、と昔から言われていますが、実際に大き …

授乳期間中の家事を任せるために…”イクメン夫”に育てるコツ

赤ちゃんが産まれて離乳食が進むまでのしばらくの間は、授乳の度にママは家事をストッ …