初めてママの母乳育児術

看護士・助産師たちの最強タッグで現場の声を元に情報提供!ママ目線の母乳育児お役立ちサイト。

*

CDはどこへ飛んでった?

   

私は保育士をしています。主に2.3歳の子どものクラスを担当しているのですが、そのクラスであった小さい子どもならではの話をいくつか紹介します。

一つ目はお遊戯の練習をしていたときのお話です。

そのころ、生活発表会が近いこともありほとんどのクラスがお遊戯の練習をしていました。わたしの園には古いCDラジカセが一台あるのみで、その時期は全クラスで交代に一日使用していたこともあり、CDラジカセは酷使されていて調子はとても悪い状態でした。

ある日、わたしのクラスでお遊戯の練習のためCDラジカセを使っていたのですがいつものように調子は悪く、音が途切れ途切れになってしまっていました。私は練習の焦りなどからついイラっとして「あーもう、CDとんじゃうから全然練習にならないよ」といったところ、子どもの一人が「せんせー、CDどことんでったの?」と言い出したのです。一瞬「え?」って思いましたが子どもが勘違いしたことに気づき、なんだかそれまでうまくいかない練習でイライラしていましたが子どもの一言で気が緩みあったかい気持ちになりました。

「CDが飛んでった」と思ってる子は不思議そうな顔をしていましたが、子どもの考えは大人とは違うんだと改めて知った出来事でした。

もうひとつも私が担当するクラスであった出来事です。

その日は、教室でお絵かき遊びをして遊んでいました。お題はなく、それぞれ好きなものを描くというものでした。子どもたちが描いている絵をみてまわっていると、それぞれ自分の顔を描いていたりパパやママ、お花を描いたりハートなどを描いていました。

仲良し2人組の女の子は並んで絵を描いて、一人の子に「何描いてるの?」と聞くと「レインボー!」といっていました。みてみると、いろいろな色を使ってきれいな虹の絵を描いていました。やっぱり女の子は色使いが上手だなとおもってもう一人の女の子のほうを見ていると「○○ちゃんも描くー!!」と張り切って何かを描きはじめました。

白い紙に白いクレヨンで一生懸命「線」を書いています。なんだろうと思いつつ「これは何かいてるの?」ときくと「めんぼー」と答えたのです。なんで綿棒??2歳児が綿棒をチョイスするなんてどうして…と私の頭は混乱しましたが、ハッと気づいたのが、仲良しの女の子が「れいんぼー」といったのを聞いて「めんぼー」を描いた、ということはこの子は勘違いしたんだろうなということです。

きっとあの子は英語は知らないから「めんぼー」に聞こえて一生懸命白い紙に白い綿棒をかいたのだと思いました。

小さい子の発想やものの見方、聞き方は結構驚かされることが多くて、いつも楽しい日々になっています。

 - ほんわかエピソード

これは!と思ったらシェアして頂けると嬉しいです♪

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

  関連記事

no image
あ!アンパンマ○だ!!

某病院で、看護師として働いている後輩の話です。 あれは去年の夏のことでした。 3 …

no image
野生児になった娘たち

下の娘がまだ中学生の頃の事です。 夏にはやはり涼しい所へ行きたい、しかもうちの家 …

no image
安産祈願、懐かしいなぁ。

私は二度の出産を経験し、現在二児の母をしております。二回とも安産祈願としてお参り …

no image
子供のおかけで仲直り

最近、子供のおかげで幸せを再確認できたエピソードをご紹介します。 現在、私は結婚 …